FANDOM


アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
Uncharted: Drake's Fortune
UC1 package.jpg
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 プレイステーション3
開発元 ノーティドッグ
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
シリーズ アンチャーテッド 
メインシリーズ
人数 1人 (オンライン非対応)
メディア BD-ROM
発売日 【通常版】
米国:2007年11月19日
日本:2007年12月6日
欧州:2007年12月7日
【Best版】
日本:2009年9月3日
価格 5,980円(税込)
2,980円(税込)(Best版)
対象年齢 CERO:C
ESRB: Teen
PEGI: 16+
コンテンツアイコン 暴力
デバイス DUALSHOCK 3対応
トロフィー対応(2008.8.29~、アップデートが必要)
売上本数 全世界: 約343万本以上[1]
  

※まだ手付け始めたばかりで編集段階です。編集に協力してください。

アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』 (英語:Uncharted: Drake's Fortune)は、メインシリーズ第1作目となる2007年に発売されたPS3専用タイトル。アンチャーテッドの歴史における初の作品であり、すべてのアンチャリアンにとって記念すべきタイトルである。(笑)キャッチコピーは「PLAYする映画」。

「アンチャーテッド・ワン」、「アンチャ・ワン」、「エルドラド」、「エルドラえもん」と呼ばれることがある。また略称は『UC1』である。アメリカでは常識だが日本ではあまり使われていない略称であるらしい。

2009年10月15日に続編の『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』が発売された。

2012年現在、ハリウッドでは本作を原作とした実写映画化が決定しているぞ。
(Uncharted: Drake's Fortune (映画)を参照) 

※以下Wikipedia。

概要 編集

開発は『クラッシュ・バンディクー』シリーズ等を制作したノーティドッグが担当した。海洋冒険家・フランシス・ドレイクの残した手帳を手に入れた、彼の子孫を自負するトレジャーハンターのネイサン・ドレイク(愛称:ネイト)が、ジャングルや遺跡、古城を舞台に伝説の財宝「エル・ドラド」を求め、陰謀の渦に巻き込まれる。

PS3の描写能力を余すことなく活用したリアルなグラフィック、光源処理、水面の表現などは、PS3タイトルの中でも高いレベルに位置する。プレイ画面は非常に個性的で、一般的なアクションゲームに見られる体力ゲージマップ等は表示されず(しかし、力が尽きてもすぐに復帰できる)、装備中の銃器や残弾数、照準といったものも戦闘時以外は表示されない。これは、PLAYする映画という本作の肝をより実感してもらう為の工夫である。演出やストーリーは多くのアドベンチャー映画を意識しており、行く手を阻む様々なトラップや“呪い”の件、また、財宝を巡って争う主人公と悪の組織など、王道的な展開が多い。特に日本語吹き替え版は(いい意味で)B級映画のノリと評され、良い意味でシリーズを通しての持ち味でもある。

登場キャラクター 編集

ネイサン・ドレイク - 声:東地宏樹
本作の主人公。歴史の謎を紐解くプロのトレジャーハンターで愛称は「ネイト」。海洋冒険家「フランシス・ドレイク」の子孫を自負しており、首から下げているリングには彼が死んだとされる翌日の日付と格言、彼の日記が納められた棺の座標(パナマ沖)が彫られている。皮肉屋でユーモアセンス溢れる人柄だが、その身体能力と考古学を始めとする豊富な知識は本物。銃火器の扱い、格闘術、飛行機や水上バイクなどの操縦にも長けている。
ヴィクター・サリバン - 声:千葉繁
ベテランのトレジャーハンターで愛称は「サリー」。ネイトのパートナーであり、師匠でもある。多方面に多額の負債を抱えており金には少々汚い。しゃべりがうまく、未だに若い女性を口説くことも。現在は力仕事などはネイトに任せているが、冒険家としての腕、知識は衰えていない。
エレナ・フィッシャー - 声:永島由子
アドベンチャー番組「アンチャーテッド」の司会を務めているジャーナリスト。少々頑固で奔放な性格だが、その行動力はネイトに引けをとらない。女性ながらに銃や乗り物の扱いにも長けており、また古代建築などの知識も豊富である。ネイトの良きパートナーとして数々の活躍を見せる。
ガブリエル・ローマン - 声:土師孝也
裏社会で名を馳せる犯罪組織のボス。私設の傭兵部隊を組織するほどの財力を持つ。コレクションの充実のため、ドレイク卿の財宝を狙う。ビジネスの為ならば手段を選ばない非情な一面を持つ。
アトック・ナヴァロ - 声:奥田啓人
ローマンが所有する傭兵部隊のリーダー。その性格は凶暴でローマンにたしなめられる事もしばしば。傭兵として優秀なだけでなく、インカ帝国神話など考古学関連の知識も造詣が深く、今回の話をローマンに持ちかけたのも彼。
エディー・ラジャ - 声:高木渉
ローマンに雇われている海賊団のリーダー。ネイトとはかつてビジネスを共にしたことがあり、顔馴染み。

武器編集

通常は弾丸の互換も可能だが、このゲームでは弾丸は全てその武器専用となっている。

セミオートピストル
  • PM-9mm - ゲーム序盤から多く手に入る武器。ネイトの初期装備でもある。初期装備品ながら意外と高性能。欠点は弾数の少なさと撃つ時の反動。
  • 92FS-9mm
ゲーム終盤で多く手に入る。PM-9mmの強化版で欠点だった弾数と反動も改善されている。ちなみにエレナは序盤から愛用していたりする。
当たればほぼ1発(高難度の場合2発)で倒せる強力武器。しかし、敵の手に渡っているときは1発でも喰らえば死亡ないし瀕死になる厄介な武器。反動が大きすぎるのが欠点。レーザーサイト付き。エディーの持つ銃は性能自体は全く同じだが黄金に塗装されておりグリップに龍の模様が刻まれている。
リボルバー
こちらも非常に強力で1、2発で仕留めることが可能。その分入手回数は少ない。サリーの愛銃でもある。
サブマシンガン
フルオート連射可能。全弾消費時の威力は高いが、弾の消費も早い。
さらに攻撃力と装弾数が上がった上位版。終盤戦で多く手に入る主力武器。
アサルトライフル
両手持ち武器としては前半戦で多く手に入る。弾数は多いが威力、集弾率、リロード性能が低い。
アサルトライフル上位版。集弾率が大きく改善されているが、リロードは相変わらず遅い。
ショットガン
接近戦では無類の強さを誇るが、集弾率の悪さから遠距離ではパフォーマンスが大きく低下する。1発ごとに排莢のため連射も不可。
後半戦で手に入るショットガン。集弾率が向上し、ある程度の距離までなら威力を維持できるようになる。
グレネードランチャー
ゲーム中わずかしか使うチャンスが無いが、威力は絶大。爆風は貫通効果もあるため、壁に隠れてる敵も倒すことができる。
スナイパーライフル
どの敵・どの難易度でも一発で倒すことのできる最強の銃。ズームも可能。使えるチャンスはゲーム中2度ほどしかない。
手榴弾
コントローラーの傾きセンサーで投げる手榴弾。効果範囲は見た目以上に狭い。
機関銃
  • 固定銃座
装甲板との一体型やジープに搭載されたグレネードランチャー装備の物等数種類が存在し圧倒的な火力を誇るが背後ががら空きになる為後ろからの攻撃と接近されると弱いほか、側面からの攻撃にも無防備。

メダル編集

ゲーム内にはメダルシステムが搭載されている。「ステージ内に隠されているお宝を所定数獲得」「特定の方法で一定数敵を倒す」「所定の難易度をクリア」といった条件を達成するとメダルを獲得できる。メダルには難易度に応じてメダルポイントが設定されており、クリアや所定のポイントに達するたびに報酬としてデザインギャラリーやメイキングカット-ンなどの特典映像の閲覧やネイトの衣装チェンジ(エレナやサリーといった仲間や海賊やローマンといった敵キャラにも変更可能、ただし声はそのまま。また、プリレンダムービーでも変更が適用されない。)、特定の武器を持つことができるようになったり、無限弾薬・一撃死といったプレーを楽にする報酬もある。(一部変更は最高難易度のプロでは適用されないが、1度プロをクリアすると使用可能。)

また、アップデートによりメダルと連動してトロフィーも獲得できるようになり、メダルを獲得することで対応するトロフィーがもらえるようになった。

用語集編集

フランシス・ドレイク
実在したイングランド出身の海軍提督。イギリス人初となる世界一周を成し遂げている。その航海で得た宝はエリザベス1世に献上されたが、実はそれと別にフランシス卿が残しているお宝があるとされており、その財宝をネイトやローマンが狙っている。また、フランシス卿が死去した際、鉛の棺に納められ海中に沈められたとされており、この棺は現在も見つかっていないが、ネイトが見つけたところから物語が始まる。
エル・ドラド
アンデス山脈に伝わる黄金郷にまつわる伝説。黄金と宝石で作られた豪華絢爛な棺だが、手に入れようとしたものには呪いがかかるという。この「エル・ドラドの秘宝」を巡り物語が進行していく。

実写映画 編集

Uncharted: Drake's Fortune (制作中)
2012年現在ハリウッドで、本作のストーリを原作としたマーク・ウォールバーグ主演の映画化が決定していた。制作はコロンビア映画が担当し、監督は映画 ザ・ファイターザ・ファイター(2010) などを監督したデヴィッド・O・ラッセルであった。
しかし、ストーリは実際のものとは少し異なり、ノーティドッグや本シリーズのファンはあまり支持していなかったという[2]。それで、デヴィッド監督は制作上での意見の食い違いから映画制作を中退した[3]
その後、コロンビア映画はデヴィッド・O・ラッセルの代わりとなる新しい脚本家としてニール・バーガーを受け入れた。2012年1月現在、制作が進んでいる。

関連情報 編集

  • 2007年7月24日、ハイビジョン(720p)画質のプロモーションムービーがPlayStation Storeにて配信された。
  • 2007年9月26日、フルハイビジョン(1080p)画質のプロモーションムービーがPlayStation Storeにて配信された。
  • 2007年11月15日、「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」体験版がPLAYSTATION Storeにて配信された。

関連項目 編集

出典 編集

  1. [1]
  2. 監督が降板した実写版『アンチャーテッド』、主演俳優と脚本もボツに
  3. 実写版映画『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』デヴィッド・O・ラッセル監督が降板!

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki