FANDOM


リバタリア                         編集

Pro Deus Quod Licentia![神と自由のために!] リバタリアのスローガン”

リバタリアはマダガスカル付近の島に存在した海賊達の王国で

アンチャーテッド4:海賊王と最後の秘宝”の舞台の一つ

歴史 編集

創設と繁栄 編集

ガンズウェイ号の襲撃で莫大な富を手に入れたエイブリーは更なる”成功”を追い求め、当時の国家や権力から解放された自由に生きることができる国を創る事を構想し、右腕だったトーマス・テュー船長と共に建国の協力者を集めるため、自分達と同等と思われる海賊船の船長達に”招待状”を送った。

その結果、テューを含め11人の船長がエイブリーの試練を乗り越え同志となり、彼らは資金や物資を出し合い、マダガスカルのキングスベイの北東にある島に海賊達が自由に生きることが出来る国、”リバタリア”を建国し、自らを”建国者”と名乗るようになった。

リバタリアは主に3つの区画が存在し、港町であり島の玄関口である”聖ディスマス港”、鍛冶屋や酒場等の店や島の財産を共同で管理するための宝物庫が存在する”商業地区”、そして12人の船長達とその家族が住む絢爛豪華な邸宅が建ち並ぶ”ニューデボン”があった。

島には12人の船長とその一味だけでなく、大工、石工、鍛冶職人、厩務員やその家族など多種多様な人々が住み、島の外の植民地との交易により大いに繁栄し、財宝や住民からの寄付金などは島の共有財産として宝物庫に納められた。

反乱と崩壊 編集

リバタリアの建国後、エイブリーと11人の船長達は島に集まる宝に執着するようになり、宝物庫にある財宝を自分達の屋敷へ秘密裏に移動し始めた。

建国者達が財宝を盗んでいる事に気付いた住民達は密かに地下組織を作り、自分達の宝を取り戻し、リバタリアの理念を守る為に反乱を計画し始めたが、建国者達はその事に気付いており、ニューデボンに兵士や武器を集めて戦いの準備を進めていた。

反乱を起こした住民達は最初に宝物庫を襲い陥落させる事に成功したが、すでに宝は全て持ち去られており、住民達はそのまま建国者達が住む”ニューデボン”へと進撃した。

しかしこの攻撃は最終的に失敗し、多くの人々が死ぬか捕らえられて”さらし台”に閉じ込められ、見せしめとしてニューデボンの門前で死ぬまで晒される事になり、反乱の直前に逃がされた一部を除きリバタリアの住人はほぼ全滅した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki